診療紹介

様々な分娩の種類

当院では皆様の多様な希望に応えられるよう努力していきます。
まず、バースプランをたててみて下さい。

自然分娩

「できるだけ自然な陣痛がいいなあ」
「会陰切開はできるだけしたくないなあ」
「頻回の内診はやだなあ」

このようなご希望の方は自然陣痛を待ち、自然の経過の中で分娩を行います。
お母様と赤ちゃんともに健康で、正常分娩からの逸脱がないことを常時確認します。
自然分娩の場合には、必要のない医療介入は行いません。
最も一般的なお産の方法です。

計画分娩

「上の子を預けたり、ご主人が休みをとる関係でお産の日を決めたいなあ」
「陣痛の所要時間を短くして、赤ちゃんにも負担の少ないお産にしたいなあ」
「前駆陣痛と本当の陣痛がわからないので精神的に負担だなあ」
「陣痛のとき家が遠いと大変だなあ」

このようなご希望の方には自然の陣痛発来前に計画的に分娩を行うことも可能です。
子宮の出口を広くする風船と点滴の収縮剤を使用します。決して危険なものではありません。
実は自然陣痛に比べて強くない陣痛、短い時間、お母様と赤ちゃんに優しい分娩ができます。
また、無痛分娩を計画的に行うことも承っております。
計画分娩は患者様の希望に沿うために行うもので医療者や病院の都合でお勧めすることはありません。

無痛分娩

「陣痛がこわいなあ、痛いのはやだなあ」
「無痛分娩ってどんなものだろう」

このようなご希望の方は無痛分娩がお勧めです。陣痛の痛み、産道が拡開される痛みを軽減します。
赤ちゃんへの影響はないと考えてよく、母性が生まれにくいということもありません。
具体的には、硬膜外麻酔といい、腰からカテーテルを挿入し、麻酔薬を投与する方法です。
計画分娩ではなく自然陣痛での無痛分娩も可能です。

無痛分娩の良い点
  1. お母様にとっては分娩が楽で、体力消耗が少ないです。
  2. 赤ちゃんにとっては、母体の疼痛・不安・恐怖感はストレスになります。
    痛みを軽減させることは赤ちゃんのストレスを軽減します。
  3. 胎盤の子宮胎盤血流量を改善上昇させます。
    ハイリスク分娩では、無痛分娩が有利なこともあります。
  4. 分娩進行面では骨盤底筋群が弛緩し、分娩が進行しやすくなります。
無痛分娩の考え方
「自然分娩と無痛分娩とどちらがいいのでしょうか?」
このような質問をよく聞きますがどちらも良い方法です。
漠然としたご自分の感覚で決めていただいて良いと考えます。
無痛分娩をご希望の方へ
当院院長は、麻酔指導医取得者である産科専門医であり、麻酔と分娩の両面からの管理が可能です。
安全でクオリティの高い無痛分娩を提供したいと考えております。

かるがも分娩

「上の子も一緒に入院させたいなあ」
「里帰りしにくいし、預けるのも難しそう」

このようなお悩みのある方はかるがも出産もひとつの方法です。
陣痛時、お子様とご一緒に来院ください。計画分娩のときはご一緒に入院してください。
分娩進行中はお父様など付き添いの方が必要となります。
赤ちゃんは上の子と接しますので、一般の新生児室には入れません。
部屋が限られておりますので、ご希望の方は、早めにご相談ください。
(お子様の日中の過ごし等、その都度ご相談ください。)

予定帝王切開

「前回帝王切開だった」
「子宮筋腫核出後の妊娠だけど」
「逆子がなおらない」

このようなときは予定帝王切開になることが多いです。38週半ばで平日の正午前後に予定します。
それまでに陣痛、破水があった場合は夜間、休日でも速やかに施行します。



お知らせ
2018年6月23日

日頃より当院をご利用いただき、感謝申し上げます。2018年8月3日(金)~8月6日(月)は夏季休業となります。ご不便をおかけし申し訳ございませんが、ご留意の程、よろしくお願いいたします

一覧はこちら
Copyright © Shuyukai MATSUNOBU WOMEN'S CLINIC.
お問い合わせはこちらの電話へ 夜間および緊急時のご連絡はこちらの電話へ